下北沢のグルメ/レストラン

下北沢のグルメ
  下北沢には全体で500以上の飲食店が存在します。
 居酒屋形式のものもあれば、ちょっとオシャレなダイニングレストラン、カフェや定食屋などなど、チェーン店から個性的なお店までお客さまの要望にこたえることのできる様々なジャンルのお店があります。
 『でも沢山ありすぎて、どこにいったらわからない!』
そんな方々へ、このコンテンツでは少しずつ下北沢のグルメ情報をお届けしていきます。


下北沢における飲食/グルメの特徴




■ 低価格良品質
下北沢の飲食事情としては、一言で表現するのであれば『安い』という言葉が当てはまるのではないでしょうか?
若者の町、として連想される事が多いことから、学生のお財布に優しい低価格のお店が多いことが事実です。3000円あれば、たらふく食べることができて、たらふく飲む事ができるお店が多いのが下北沢です。


■ 食の文化交流

下北沢には様々な文化が根付いています。
日本国内で言えば、沖縄、大分、鹿児島、静岡、京都、
イタリア、フランス、インド、タイなどなど、実に異なる国の、異なる地域の食文化が下北沢に根付いています。
どこか親しみがあり、懐かしさを感じる第2の地元としての下北沢だからこそ、多様性が受入れられる特徴があります。


■ 食の登竜門

下北沢は地方の名店の東京進出一号店が下北沢であったり、新ジャンルの初出店が下北沢だったりします。
飲食店激戦区の下北沢であるからこそ、下北沢に店を構え勝ち残ることができれば、その後の成長、発展が見込まれると思われているようで、高頻度で飲食のお店が新たに出店をしています。
一般のお客さまにとってみれば、下北沢に来れば、常に何か新しいものを手に取ることができる、そんなステキな町なのです。



■ 高品質良価格
若者の町、下北沢の低価格飲食店と思われがちな一方で、お値段は多少かかりますが、舌の肥えた方々を満足させてくれるお店がある事をご存知ですか?
世界的に有名なレストランガイドブックで星を獲得したお店や夜な夜な有名人や近隣の高級住宅街に住む方々が足しげく名店が多いのもこのエリアの特徴です。
しかも急激なお客さまの増加は既存のお客さまに迷惑がかかる事から取材拒否である事が多いのも事実です。しかし地域密着のぶらり下北沢では、そんなお店情 報も掲載していたりするので、他サイトでは知ることのできない情報もあります。
是非穴場の名店をチェックしてみてください。